交通事故被害まとめ

交通事故のエピソードをまとめました

油断した一瞬に起きた事故

交通事故に遭ってしまいました。事故の時の状況は、私は徒歩で、向こうは車でした。私は徒歩で横断歩道を渡ろうとして、数歩踏み出したところに右折をしきた車とぶつかる形で事故にあってしまったのです。

横によれける形で転んでしまったことで、足を怪我した事と、腰より下の部分を車にぶつけられていたこともあり、転んだ直後から身体の痛みを感じました。自力では立てない感じでしたが、他の歩行者の方達が手伝ってくれて、とりあえず二次事故を防ぐために道のはしまで運んでくれました。

加害者になったドライバーは一瞬のすきにこんな事故になってしまったと、強調していましたが、私もまさに同じ状況でした。

ドライバーの方は任意の保険に加入していなかった問題もあり、その後の私の怪我の治療費などについてとても不透明な部分がありましたので、私は最初から今まで交通事故を多数扱ってきていると言う弁護士の方を友人の父親に紹介をしてもらう事しました。今後は弁護士さんが私に変わって話を進めてくれる事になったので、精神的には随分と楽になりましたが、怪我の治療とリハビリは少し時間がかかってしまいそうな感じがしています。

今後はどんな風になっていくのかは、まだ予想も付きませんが、とりあえず、今は弁護士の方に全てを託してしていただく事しか出来ないという感じです。

DATE:2016/4/19

記事一覧へ